日本人, 女子, ゴシップ

キミはみう派? それともみま派?

LINEで送る
Pocket

miumima

近年最高の卓球業界のアイドルと言えば、もちろん「みうみま」だろう。
中学3年生の卓球ツヨカワガールズ、平野美宇と伊藤美誠の2人だ。

同い年で、奇跡的に「みう・みま」と韻を踏める名前で揃って彗星の如く現れ、年齢的に2020年東京五輪を20歳及び19歳という良い時期で迎えるちょうど良さ。しかもダブルスパートナー。

しかもプライベートでも結構仲が良く、伊藤美誠においてはTwitterのアイコンに2人のツーショット写真を使っている念の入れようだ(しかし美宇の方は他の人とのツーショットを載せていて、このちょっとした断絶っぷりがほんの少し気になる)。

miumima2

プレー自体は独断だが、伊藤美誠が一歩先を行っているかなという形。
リオ代表入りした美誠は、色々な技術がもう世界のトップレベルに行っている形だが、特にカット打ちの上手さが特筆モノ。

miumima4
画像出典:日刊スポーツ

ジャパン・オープンにて劉斐(中国)を撃破した時は、絶妙な短いツッツキに加え、女子特有の山なりループドライブをあまり使わず、スピードドライブとスマッシュという力でねじ伏せる強さをすでに持っている。五輪でも対戦相手によっては、カット打ちが弱い印象の福原愛を3番手に押しのける時もありそう。

ただ美宇も負けてはいない。特に連続の鋭いバックドライブだったり、パーソンのハンマーバックハンド気味に放つバックスマッシュだったり、時折出す、妙に投げ上げがカッコいいハイトスサービスだったり、美誠を超える要素も幾つかある。これからの2人の切磋琢磨に期待したい。

miumima3

あと、Twitterのフォロワー数だと、平野美宇が12482、伊藤美誠が5443と一歩リード…に見えるが、これは伊藤が途中でアカウントを変えたせいで、前のアカウントもフォロワー6947あり、これを合わせると大体同じくらいになる。

しかし、なんと言っても僕らが注目してしまうのはルックスだ。このルックスで「みう派」と「みま派」が、僕らの中で厳然と決まっているのは、男性なら否定できないであろう。この2人は一緒くたにされるので、一見似ているようで、ハッキリとルックスのタイプに違いがある。

私が思うに、モーニング娘。でいうと、辻ちゃん派だった人はみう、加護ちゃん派だった人はみまにハマるのでは無いだろうか。ボーイッシュ派がみう、ガーリッシュがみま派という形になるはず。

mima

加護ちゃん派だった筆者は、断然みま派である。

ちょっとバタ臭さが感じられる整ったミルキーフェイスは、「ああこのコ、サカリのついた中学生にモテるだろうな」という青春を感じさせる素晴らしさ。黒髪セミロングがバッチリ似合う可憐さもイイ。繰り返す、僕は断然みま派だ。

miu

ただみうが好きな人も居るだろうし、十分かわいいと思う。美宇の顔も最近ちょっと大人になり、「隣のお姉さん」的な涼しい風貌になってきて、どんどん好きになってきた。これからどんどん僕らをそのルックスでホレさせてくれるのが楽しみだ。

これまでは「凄く卓球の上手い子供」と見られてきたみう・みまだが、今後もっとその2人の整ったルックスや、卓球技術に視線が集まる日がそう近くないうちに来るだろう。そして僕らは、女の子が女性に変わる、今しかない最高の時期を目に焼き付けよう。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です